非本質的弁理士試験受験術BLOG(ブログ)

「非本質の中にある本質」と「本質の中にある非本質」をテーマに平成22年4月登録の新米弁理士(負け組)が、弁理士試験についてバカバカしくて誰も言わないことについて語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Right Circle,ダニエルさん  - 読みやすい答案のコツ? -

L社のDVD講義を聴いていたとき、
講師の先生が「一昔前の"丸文字"は意外と採点官が読みやすい」
とおっしゃっていたのを記憶しています。

これは、逆に言えば「文字が、つぶれていると非常に読みづらい」という事を意味しているのだと思います。
この点を校了すると別に今更、丸文字を練習しなくとも
「画数の多い漢字はつぶれやすいので大きめに書く」
とか「ま、み む 、ぬ、の"結び"は大きめに書いて区別しやすくする」
といった簡単な工夫が取り入れらると思います。

字体には個人個人の癖があるとおもいますので、
良い所、悪い所を把握して、
最小の労力で、より読みやすくなるように工夫してみてください。
スポンサーサイト

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。