非本質的弁理士試験受験術BLOG(ブログ)

「非本質の中にある本質」と「本質の中にある非本質」をテーマに平成22年4月登録の新米弁理士(負け組)が、弁理士試験についてバカバカしくて誰も言わないことについて語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はって悪いは親父の頭!はらなきゃ食えない提灯屋!! - 明日から受験願書の受付開始  -

いろいろなことがあった3月も今日で終わり、
いよいよ新年度が始まります。

明日4月1日(金)から4月10日(日)までが、今年の弁理士試験の受験願書の受付期間です。
郵送のみの受付です。
余裕をもって手続きをして下さい。

色んなことがあって、受験を躊躇されている方も今年は多いのではないのでしょうか?
しかし、状況が許すなら、是非とも、願書を提出して頂きたいと思います。

本ブログのような見る人も少ないマイナーなものまでご覧になっている方というのは、
少なからず時間やお金をかけて弁理士試験合格に向けて努力されてきた方と存じます。
人生をかけて、試験にかけるある種の「チップ」をためてこられた状態です。
せっかく、「場が立つ」というのに、賭けるべきチップを抱えて降りる手はないです。
大体、降りたって、このチップを換金できる場所はありません。

「手持ち(努力)が十分じゃない」とみる向きもおありでしょう。
しかし、完璧に合格できるなんてレベルの努力や実力が十分な人なんて、合格者でも居やしません。

弁理士試験は、運の要素も少なからずあると思います。
自分のがんばりを過小評価して、ひかれませんように。
(なぜか、傍から見ていて「引いたほうが良い」という人は、強気の一点張りなんですよねぇ)


にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。