非本質的弁理士試験受験術BLOG(ブログ)

「非本質の中にある本質」と「本質の中にある非本質」をテーマに平成22年4月登録の新米弁理士(負け組)が、弁理士試験についてバカバカしくて誰も言わないことについて語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BUTTU  BOOTS -暗唱と勉強場所-

更新が滞りまくっていることを深くお詫びします。
仕事と付記試験の勉強が、生活を圧迫しまくっています。
(金銭的にも圧迫されています)
本部ログは、付記試験直前期は、お休みすると思いますが、
出来るだけ細々と続けていこうと思いますので、
お付合い頂ける方は、今後も御贔屓に御願いします。


本題。
付記試験の勉強で、
私は、喫茶店を使っています。
弁理士試験の時も、
平日のメインは、喫茶店でした。
喫茶店のメリットの一つとして、
「小声で暗唱しても怒られない」という事があります。
これは、試験勉強に対して、
非常に有効です。
特に、口述試験は、暗唱が命。
予備校の自習室で、
周囲の利用者ににらまれるくらいなら、
とっとと喫茶店を利用される事をお勧めします。

なお、隣の席の人からは、余程のイケメンでも無い限り、
怪しい人と認定されますので、
その点はお気をつけ下さい。
苦情は、受け付けません。
では、お互い試験勉強、頑張りましょう。


にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。