非本質的弁理士試験受験術BLOG(ブログ)

「非本質の中にある本質」と「本質の中にある非本質」をテーマに平成22年4月登録の新米弁理士(負け組)が、弁理士試験についてバカバカしくて誰も言わないことについて語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今だからこそできること - 新しいペンは年内が試し時 -

口述試験を受験された皆様(及び、付記試験を受験された皆様)、
お疲れ様でした。
今は、ゆっくり休んでください。
合格発表があったら、実務修習まではアッと言う間です。

さて、来年の合格を目指している人は、ゆっくりしている暇は無いと思います。
年明けで論文答練が始まると、一気に余裕がなくなります。
新しいことを試すなら、年内が最後のチャンスだと思います。

特に、検討して欲しいのが論文試験用の筆記具です。
新しい筆記具になれるのには、時間がかかります。
慣れなければ正当な評価も下せません。
また、万年筆は、俗に言う「育てる」時間がかかります。
(さらに、故障などのトラブルを考えると予備を1、2本用意してそちらも並行して試していく必要があります)

これから年度末、お仕事も忙しい時期かと思いますが、
試験は待ってくれません。
今のうちに、今だからこそ出来る事を実行してください。

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

弁理士会からアンケートが、きていました。
以前もありましたが、近年弁理士登録をした人間に対して「結論ありき」の質問項目でした。
不愉快というより、飽きれたと言うより・・・
ただ、ただ、ため息。
スポンサーサイト

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。