fc2ブログ

非本質的弁理士試験受験術BLOG(ブログ)

「非本質の中にある本質」と「本質の中にある非本質」をテーマに平成22年4月登録の新米弁理士(負け組)が、弁理士試験についてバカバカしくて誰も言わないことについて語ります。

鬼を笑わせる気は無いのですが - 弁理士試験に関するアンケート -

一昨日、「弁理士会から「弁理士試験に関するアンケートのお願い」が届きました。
弁理士会サイドからの現在の試験制度の見直しのための情報収集を目的としたアンケートでした。

平成13年以前の合格者の方には、追加の質問が用意されていて中身をみると
「試験が易化して弁理士のレベルが落ちた」
という結論あり気の中身でした。
昨年の合格者としては、非常に不快になる内容ですが、
偉い大先生方の意見なので仕方ありません。

弁理士政治連盟という組織は、試験制度を難しくしようとの働きかけを続けています。
弁理士会の会長選挙の只中ですが、
殆どの候補者の先生が合格者数の削減を公約に掲げていらっしゃいます。

受験生の方は、受験が長期化するほどに不利になる可能性があると言う事について、
覚悟だけはしておいて下さい。


しかし、本当に「試験の難化が弁理士のレベルアップに繋がる」と信じるのなら、
定員削減といった分子を減らす倍率アップより
「社会的に弁理士の知名度の向上や知財への啓蒙を行い、受験生増加による倍率アップ」
といった分母を増やす方向性を掲げてくれる先生が一人でもいらっしゃったら良いのにと思ってしまいます。





にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blogbykokopelli.blog129.fc2.com/tb.php/154-5b9d82fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)