非本質的弁理士試験受験術BLOG(ブログ)

「非本質の中にある本質」と「本質の中にある非本質」をテーマに平成22年4月登録の新米弁理士(負け組)が、弁理士試験についてバカバカしくて誰も言わないことについて語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てない、見ている、見ちゃっている - 論文答練と法文集 -

皆様、論文答練ではどのような法文集を使っていらっしゃるでしょうか?

ベストは、やはり本番で貸与されるA5版もので決まりだと思います。
私は、20年試験の際、初めてA5版を使い、あまりの使いにくさにパニクりまくった経験があります。
あまり大きな法改正が無かったようなので、
昨年の論文受験者は本試験の法文集をそのまま使えば良いでしょう。
しかし、昨年の論文未受験者は大変です。
昨年まではWセミナーがA5版を販売していたのですが、今年は無いみたいですね。


せめて書き込みのないものや4法対照を使わないようにする位しか打つ手はないのでしょうか?
書き込みは、目に入ってしまいます。
意匠・商標で特許の準用を引くスピードが格段にアップしてしまいます。
また、普段からなじんだ法文集は答練でも安心を生んでしまいます。

答練の日は二冊持ち歩く事になり大変だと思いますが、論文答練用の法文集で答練に臨んで下さい。
スポンサーサイト

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blogbykokopelli.blog129.fc2.com/tb.php/17-ffe534dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今年こそ合格したい試験はありますか?

最近は、ニュースで「就職難」とか騒がれています。 しかし、本当にそうでしょうか...

  • 2010/03/11(木) 19:06:28 |
  • 元祖無知の知

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。