非本質的弁理士試験受験術BLOG(ブログ)

「非本質の中にある本質」と「本質の中にある非本質」をテーマに平成22年4月登録の新米弁理士(負け組)が、弁理士試験についてバカバカしくて誰も言わないことについて語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

In⇔Out -・ 平成24年度弁理士試験最終合格者統計 -

どこかの会派で婚活パーティがあるらしいのですが、
誰も誘ってくれない寂しい生活をしております。
皆様は、如何お過ごしでしょうか?

さて、本日、特許庁のHPに本年度の弁理士試験最終合格者統計が掲載されました。
平成24年度弁理士試験最終合格者統計

色々なところで取り上げられていますが、
やはり最終合格率10.7%がインパクトありますね。
とはいえ、倍率と難易度は相関がないとは言いませんが、
安易に語れた無いような気もします。
(それで言ったら、「あの試験」なんて相当な倍率ですよ。)

興味深いのは、各試験ごとの合格率のような気がします。
短答試験合格率 26.1%
論文試験合格率 4.32%
口述試験合格率 63.4%
これだけみると、例年から大きく違った感じはありませんね。
(というか、口述だけ見ると倍率の高さは異常な感があります)
合格後の2年の免除があることにより、
各段階の受験者が増えてしまっていることが最終倍率の低下の一因かと思います。
だからといって、安易に免除廃止というのは、そもそも何故免除が導入されたのかというのを無視しているため、
あまり良い意見だと思えません。
とはいえ、この合格率をもって、試験制度改正に様々な意見が出る事でしょう。
それも、受験生の方には、厳しい方向が予想されます。
来年度以降の受験者の方は、かなり気合をいれて頑張られる事が要求されるかと思います。
皆様、お仕事など忙しいと思いますが、できる範囲で最善を尽くしてください。


しかし、意外と書いている人が少ないのですが、
そもそも今年の合格率の上昇は、昨年、今年と続く受験者の急激な減少です。
受験者が少なくなったが、免除制度などもあり、
短答・論文で急激な絞込みができなかったというのが正直なとこではないでしょうか?
弁理士業界としては、問題にすべきは
「受からせすぎ」ではなく、
「受けてすらもらえない魅力の無い業界と認識されているおそれ」にあると思うのですが・・・
そんな魅力の無い業界に、高いお金を払って仕事をしてもらいたがるクライアントなんていませんからねぇ。
私も、駆け出しの弁理士ながら、
今年の受験者数の減少を厳しく受け止めなければと思っております。


にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blogbykokopelli.blog129.fc2.com/tb.php/331-8c119bae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。